2009年01月21日

iMacのメモリを4GBに増設

デフォルトで2GBだったうちのiMac。
先週注文したメモリが今日ようやく到着したので、サポートされている最大サイズである4GBに増設しました。
最近はメモリが安いので、この機会にと思い購入しちゃいました。
2GB×2が4000円で買えるのですからね。

アルミニウムのiMacはアップルマークの下にあるカバーについているネジ一本外すだけでメモリの換装が出来ます。
カバーを外すと黒いベロがついててて、それを引っ張ると抜けます。
作業は特に問題なく完了し、無事4GBを認識しました。

普段立ち上げているアプリを一通り立ち上げても空きが1〜2GB程あるのは良いですね。
動作自体よりも、空き容量の多さから気分が晴れますw
posted by はやむー at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

VAIO typeP使用感レビュー

発売前ですが、ヨドバシにtypePが展示してあったので早速触って来ました。
最初に持ってみた感じはやはり軽いです。
あの軽さであのサイズなら、どこかに出かけるときに何の躊躇なく持ち運べます。

そしてメモ帳を起動して打鍵感チェックです。
最初はちょっと軽すぎかな、というか安っぽさを感じましたが、だんだん打ってるうちに慣れてきました。
あの薄さなら十分許容範囲だと思います。
キーピッチも最低限は確保されていますので、キータッチに関しては想像していた程度でしょうか。
ただ、C1の方がタッチ感は良かったですね。
これは個人的な好みの分かれるところだと思いますが。

キーボートと同じくらい重要なポインティングデバイスですが、C1よりも若干使い辛く感じました。
最初軽く触ったところ、ちょっと早かったので速度を変更してみたんですが、そうすると遅すぎるようでした。
なので、仕方なく最初の設定(最速)に戻したんですが、×ボタンに合わせるのにちょっと苦労しました。
これは画面サイズの割に表示解像度が高すぎるためにそう感じのかもしれません。
これも慣れの問題かなとは思います。
C1は今でもたまに使ってますから、それと比較しすぎてもしょうがないかもしれません。

今日は軽いアプリを起動する程度だったので、全体的な動作速度は特に気にはなりませんでした。
まぁ、元々の利用用途を考えてもそれほど重い処理はしないと思いますので、問題ないレベルでしょうか。
総合的には良好な評価です。

ただ、画像を見ている段階でもちょっと気になったんですが、デザインな問題ですが若干ラメっぽくなっているんですよね。
完全に個人的な好みなんですが、ラメって好きじゃないんですよね。。。
今後typeTみたいにデザインが増えてくれるといいんですけどね。

あとは、理想的なスペックの値段が15万程度するので、それならもう10万程足してtypeTを購入してもいいのではって議論もあると思います。
サイズ的にはtypeTも持ち運べる範囲ですからね。
OSが同じVistaとなると若干迷うところです。
typePは持ち運び用と割り切ってスペックを落としたものを購入するという選択肢もあるかもしれませんね。
10万程度なら即買いしそうな完成度ですからね。
やはりtypePは外で使ってこそなので、その頻度次第で価値が変わりそうですね。
posted by はやむー at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | VAIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

VAIO typeP

http://www.vaio.sony.co.jp/Products/P1/index.html

昨年末よりWeb上で予告されていた、ソニーのミニノートがついに公開されました。
サイズはほぼC1と同等で、厚みが約半分。
XPではなくVista搭載のため、表示領域を1600×768ドット確保。
スペック的にはOSがVistaである事以外は特に問題がない。
そして、デザイン的にはこれぞソニーと言わんばかりのクールさが光ります。
今までのミニノート(ネットブック含む)でもそれなりのデザインのものはいくつかありましたが、typePのカッコ良さは異常ですね。
これほど無駄なくスタイリッシュにまとめられる実力こそがソニークオリティです。
本気を出した時のソニーは、デザインだけならAppleの上をいきますね。

ただ、店頭販売の3カラーはホワイト以外ちょっと微妙な色です。
逆にオーナーメード限定色のオニキスブラックがカッコ良いです。
これは、みんなオーナーメードで買ってくれよという事なんでしょうかw

気になる機能として、「ウィンドウ整列ユーティリティー」というものが搭載されているようです。
これはMacのExposeのように、開いているウィンドウを全て並べて表示できるものらしいです。
Vistaでフリップ3D機能がデフォルトであるのにも関わらずこういった機能を搭載するという事は、Vistaの同機能が使えないとソニーが認めているという事ですね。
実際使った事はないですが、あれはとても使い難そうですからね。

そして、重いVistaを起動しなくても音楽や動画を楽しめるインスタントモードでは、GUIがソニーのお家芸であるXMBを使えるそうで、ソニーファンとしては評価アップです。
しかも、インスタントモード時にもブラウザが使えるらしいので、これだけでも一つのデバイスとしての価値がありますね。
Vistaいらないかも?w

↓はオーナーメードのシミュレーションで選択した自分の理想的モデルです。

OS:Vista Home Premium
CPU:Atom Z540(1.86GHz)
ストレージ:SSD128GB
(メモリ:2GB)
カラー:オニキスブラック
追加機能:Bluetooth

これで142300円(税込み)になります。
ネットブックに比べるとかなりの割高になりますが、そもそもtypePはAtom搭載とは言え方向性がネットブックとは異なると感じました。
個人的な見解では、安くネットブックを購入するよりは、多少割高でもtypePを購入した方が満足度は高いでしょうね。

ストレージに関しては、今年劇的に値段が下がると思われるので、購入時期は少々検討の余地があると思います。
あとできればVistaは避けたいので、XPへのダウングレードをサポートして欲しいですが、おそらくソニーはやらないと思います。
なので、Windows7が早く出て、それがVistaよりもマシである事に期待しますね。
typePにMacOSXが搭載されていれば神だったのにw(←妄想です)

何はともあれ早く実機を見てみたいですね。
とてもとても期待しています。
posted by はやむー at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | VAIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

MacBook入手とHDD換装

会社で壊れたMacBookが放置されていたのですが、今回それをタダで頂いて来ました。
初代MacBookの黒い方で、ネットで調べてみると不良品のHDDが使われていた可能性のあるものです。
動作としても起動はするのですが、HDDを認識しないようだったので、それが原因だろうと思っていました。
なので、直すにあたってはHDDを入れ替えればいいだろうと思っていたわけです。
その際にいろいろ調べていて、最近はSSDもだいぶ安くなっているようで、MLCの128GBが2万円台後半で購入できるという事を知り、この機にSSDにするかHDDにするかだいぶ迷いました。
結果、SSDはさらに安くなるだろると思い、今回はHDDにしといて、そのうちまた交換する事にしました。
なので、とりあえず動けばいいやという感じで、安めで容量のあるHDDを探していて、ネットでドスパラというところで安めのがいろいろあったので、直接買いに行って来ました。
秋葉原まで行けば良かったんですが、面倒だったので川崎のドスパラへ行きました。
結果、購入したかった型番のものが売ってませんでした。。。
仕方なく別のを見てたのですが、ネットで相性問題がありそうなHITACHI製ばかり置いてて困りました。
結果、わざわざ秋葉原に行くのもめんどかったので、以下のものを購入しました。

HITACHI HTS543225L9A300(250GB) - 4980円

帰って早速入れてみるとちゃんと認識して問題なくリカバリできました。
ものがものなので、いつまでもつのかは分かりませんが、しばらくはこれで行こうと思ってます。
元々iMacがメインなので、MacBookには重要なデータは入れないつもりですからね。

それと、起動してみて分かった事ですが、このMacBook最初から最大である2GBのメモリを積んでいました。
メモリはデフォルトなら512MBしかないので増設かなぁと思っていたので、嬉しい誤算ですね。
あと、このMacBookがCore2Duoだったらこの先も長く使えたんですけどね。
それがちょっと残念です。
まぁでも、5000円の出費だけでMacBook(Kuro)が使えるなら安いものですね。
posted by はやむー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

ノキア 日本市場より撤退

世界ではトップでありながらも、日本ではその存在感をいまいち示せなかったノキアがとうとう日本市場より撤退してしまうそうですね。
個人的にはノキアの端末を買おうとは露にも思わないわけですが。
世界での圧倒的な売り上げを背景に日本市場で頑張っていたノキアが撤退すると言う事は、それほどにも現在の携帯市場が厳しいという事の現れに他ならないわけですね。
個人的な購買には何ら影響がない事ではありますが、なんとなく寂しさを感じてしまうニュースでした。
posted by はやむー at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の携帯事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

DTP検定II種継続試験

2年毎にやってくる、DTP検定II種の継続試験です。
今回はブラウザ上での試験で、Flashで作られていました。
恐らくFlexでしょうけど。

で、今回なんと一回目の受験正解率79%で落ちたのですよ。。。
合格は80%以上なので、あと1%・・・。
とりあえず一回目のどの問題でどれくらい点数取れたかは分かるので、それを参考に二度目を受けてみたわけです。
そしたら、なんと問題の一部がランダムに変わってました。。。
これには参りましたよ。
しょうがないので、真剣にやり直した結果は96%で合格です。
もう、びびりました。。。
最近勉強してないからヤバイなぁ。。。
posted by はやむー at 22:56| Comment(0) | TrackBack(6) | DTPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

iPod touchでiPhone2.0

iPod touchをiPhone2.0にアップデートしました。
今回で二度目の有料アップデートです。

今のところ特に問題なく動作しています。
AppStoreからダウンロードしてきたアプリも問題ないです。

あと、こんなのがありました。
http://builder.japan.zdnet.com/sp/iphone-3g-2008/story/0,3800087831,20377283,00.htm

ホームボタンとスリープボタンを同時押しすると、スクリーンショットが取れるそうですね。
こりゃ便利です。
posted by はやむー at 14:27| Comment(4) | TrackBack(0) | Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

MacOSXにWine1.0のお試しインストール

UNIX系OSでWindowsのアプリケーションを動作させるためのWineのVer1.0がリリースされたので試しに入れてみました。
MacOS向けには、「CrossOver Mac」もあるわけですが、どうせ同じコードがベースなのだから、まずは無料のWineかなと。
(初音ミクもサポートしているらしいので、今後「CrossOver Mac」は来る気がしますけどね。)


環境:
OS:MacOSX 10.5.3
CPU:Intel Core 2 Duo

公式サイト:
http://www.winehq.org/
参考にしたサイト:
http://mbsupport.dip.jp/bk/2004/sub/071203.htm


1.ダウンロード
公式サイトの左メニューから、
Download→Get Wine Now→sourceforge.net(Wine Source Downloads)→1.0→ wine-1.0.tar.bz2
を選択してダウンロードします。


2.ファイルの展開
Terminalで"wine-1.0.tar.bz2"をダウンロードしたディレクトリに移動します。
以下のコマンドでファイルを解凍します。
$ tar xvjf wine-1.0.tar.bz2

展開されたディレクトリに移動します。
$ cd wine-1.0


3. インストール
ここからちと長いです。

$ ./configure
を実行すると何やらエラーが・・・。

configure: error: X development files not found. Wine will be built
without X support, which probably isn't what you want. You will need to install
development packages of Xlib/Xfree86 at the very least.
Use the --without-x option if you really want this.

X11関連で怒られている模様。

外せば通るのかなという事で、optionで外すと通ります。
ただ、外したままだとX11が使えないので、パスを通します。
X11が通っても今度はFreeTypeで怒られます。
なので、ダウンロードしてきて、以下の通りにインストールしました。

FreeTypeのインストール
$ tar xzf freetype-2.3.6.tar.gz
$ cd freetype-2.3.6
$ ./configure
$ make
$ su root
# make install


で、configureすると、

configure: libhal development files not found, no dynamic device support.
configure: libsane development files not found, scanners won't be supported.
configure: libgphoto2 development files not found, digital cameras won't be supported.
configure: liblcms development files not found, Color Management won't be supported.
configure: libcapi20 development files not found, ISDN won't be supported.
configure: fontconfig development files not found, fontconfig won't be supported.

configure: WARNING: libjpeg development files not found, JPEG won't be supported.

configure: WARNING: libpng development files not found, PNG won't be supported.

configure: Finished. Do 'make depend && make' to compile Wine.


となって、libjpegとlibpngのパスも通っていないので、通します。
入っていなければついでにインストールもします。
他のはとりあえず無視します。
--withoutすればワーニングは出なくなります。


結果的に以下のコマンドを入れました。

$ ./configure LDFLAGS='-L/Developer/SDKs/MacOSX10.5.sdk/usr/X11/lib -L/sw/lib' CFLAGS='-I/sw/include -I/usr/local/include/freetype2/freetype/'

※いろいろ試してたので、必要ないものもあるかも。。。

次にmakeです。
ここでもはまりましたよ。。。


$ make

結果、

./crtdll.spec:44: external symbol 'CRTDLL__basemajor_dll' is not a function
./crtdll.spec:45: external symbol 'CRTDLL__baseminor_dll' is not a function
./crtdll.spec:46: external symbol 'CRTDLL__baseversion_dll' is not a function
./crtdll.spec:66: external symbol 'CRTDLL__cpumode_dll' is not a function
./crtdll.spec:243: external symbol 'CRTDLL__osmajor_dll' is not a function
./crtdll.spec:244: external symbol 'CRTDLL__osminor_dll' is not a function
./crtdll.spec:245: external symbol 'CRTDLL__osmode_dll' is not a function
./crtdll.spec:247: external symbol 'CRTDLL__osversion_dll' is not a function
winegcc: ../../tools/winebuild/winebuild failed
make[2]: *** [crtdll.dll.so] Error 2
make[1]: *** [crtdll] Error 2
make: *** [dlls] Error 2

エラーが出ちゃいました。。。
調べてみると、ちゃんと"crtdll_main.c"で定義されているようなんですけどね。。。

ネットで調べてみると、
http://d.hatena.ne.jp/obys/20080618/1213799201
という記事が見つかりました。

Darwineというのがあるんですね・・・。
http://www.kronenberg.org/darwine/
これだとsrcいらないみたいです。
しかし、今回の目的はsrcからのインストールです。


試しにdlls/crtdll/crtdll.specを編集してみます。
※ちゃんとファイルのバックアップとってやってますよ。

以下の行を削除しました。
@ extern _basemajor_dll CRTDLL__basemajor_dll
@ extern _baseminor_dll CRTDLL__baseminor_dll
@ extern _baseversion_dll CRTDLL__baseversion_dll
@ extern _cpumode_dll CRTDLL__cpumode_dll
@ extern _osmajor_dll CRTDLL__osmajor_dll
@ extern _osminor_dll CRTDLL__osminor_dll
@ extern _osmode_dll CRTDLL__osmode_dll
@ extern _osversion_dll CRTDLL__osversion_dll

で、makeするとここは通過です。
が、またしてもエラー・・・。

./msvcrt.spec:75: external symbol 'MSVCRT__HUGE' is not a function
./msvcrt.spec:87: external symbol 'MSVCRT___argc' is not a function
./msvcrt.spec:88: external symbol 'MSVCRT___argv' is not a function
./msvcrt.spec:104: external symbol 'MSVCRT___lc_codepage' is not a function
./msvcrt.spec:106: external symbol 'MSVCRT___lc_collate_cp' is not a function
./msvcrt.spec:107: external symbol 'MSVCRT___lc_handle' is not a function
./msvcrt.spec:142: external symbol 'MSVCRT___setlc_active' is not a function
./msvcrt.spec:149: external symbol 'MSVCRT___unguarded_readlc_active' is not a function
./msvcrt.spec:150: external symbol 'MSVCRT___wargv' is not a function
./msvcrt.spec:155: external symbol 'MSVCRT__acmdln' is not a function
./msvcrt.spec:198: external symbol 'MSVCRT__commode' is not a function
./msvcrt.spec:248: external symbol 'MSVCRT__fmode' is not a function
./msvcrt.spec:295: external symbol 'MSVCRT__iob' is not a function
./msvcrt.spec:362: external symbol 'MSVCRT_mbctype' is not a function
./msvcrt.spec:415: external symbol 'MSVCRT__osver' is not a function
./msvcrt.spec:510: external symbol 'MSVCRT__wcmdln' is not a function
./msvcrt.spec:545: external symbol 'MSVCRT__winmajor' is not a function
./msvcrt.spec:546: external symbol 'MSVCRT__winminor' is not a function
./msvcrt.spec:547: external symbol 'MSVCRT__winver' is not a function
winegcc: ../../tools/winebuild/winebuild failed
make[2]: *** [msvcrt.dll.so] Error 2
make[1]: *** [msvcrt] Error 2
make: *** [dlls] Error 2


同じように、dlls/crtdll/msvcrt.specを編集してみます。
以下を削除します。

@ extern _HUGE MSVCRT__HUGE
@ extern __argc MSVCRT___argc
@ extern __argv MSVCRT___argv
@ extern __lc_codepage MSVCRT___lc_codepage
@ extern __lc_collate_cp MSVCRT___lc_collate_cp
@ extern __lc_handle MSVCRT___lc_handle
@ extern __setlc_active MSVCRT___setlc_active
@ extern __unguarded_readlc_active MSVCRT___unguarded_readlc_active
@ extern __wargv MSVCRT___wargv
@ extern _acmdln MSVCRT__acmdln
@ extern _commode MSVCRT__commode
@ extern _fmode MSVCRT__fmode
@ extern _iob MSVCRT__iob
@ extern _mbctype MSVCRT_mbctype
@ extern _osver MSVCRT__osver
@ extern _wcmdln MSVCRT__wcmdln
@ extern _winmajor MSVCRT__winmajor
@ extern _winminor MSVCRT__winminor
@ extern _winver MSVCRT__winver


結果・・・

./ntoskrnl.exe.spec:606: external symbol 'KeServiceDescriptorTable' is not a function
./ntoskrnl.exe.spec:625: external symbol 'KeTickCount' is not a function
winegcc: ../../tools/winebuild/winebuild failed
make[2]: *** [ntoskrnl.exe.so] Error 2
make[1]: *** [ntoskrnl.exe] Error 2
make: *** [dlls] Error 2

もうちょっとですかね。
同じように、dlls/crtdll/ntoskrnl.exe.specを編集します。

以下を削除します。
@ extern KeServiceDescriptorTable
@ extern KeTickCount

おおー、ようやく通りました。
ここまで来て、最初から全部のコマンドをまとめると、以下のようになります。

$ ./configure LDFLAGS='-L/Developer/SDKs/MacOSX10.5.sdk/usr/X11/lib -L/sw/lib' CFLAGS='-I/sw/include -I/usr/local/include/freetype2/freetype/'
$ make depend
$ make
$ su root
#make install

ここまでで、インストールは完了です。
ちなみに、
$ ./configure --without-x
しちゃった場合、インストールは出来るんですが、実行しても以下のエラーが出ます。

Application tried to create a window, but no driver could be loaded.
The X11 driver is missing. Check your build!
Application tried to create a window, but no driver could be loaded.
The X11 driver is missing. Check your build!


アプリケーションによっては日本語表示するには、フォントを入れておく必要があるようです。

このサイトを参考にフォントを入れました。
http://journal.mycom.co.jp/column/osx/275/index.html

$ tar xjf sazanami-20040629.tar.bz2
$ cp sazanami-20040629/*.ttf 〜/.wine/drive_c/windows/Fonts/

Windows用のディレクトリは、
"/Users/******/.wine/drive_c/"
以下に通常のWindowsと同様のディレクトリ構成として格納されるようです。


インストールも完了したので、ひぐらしを動かしてみました。
が、インストールexeは動かないですね。。。

体験版のexeは起動しました。
画像が証拠写真です。
ちゃんと音も鳴っていました。

wine.jpg
posted by はやむー at 18:32| Comment(1) | TrackBack(0) | Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ATOK定額サービス開始

http://www.justsystems.com/jp/products/atok_teigaku/

正直月額300円で10台まで使えるというのは安いという印象があります。
ATOKなんてまともに使った事ないけど、egbridgeがなくなってしまった今、ちょっとATOKも視野に入れています。
導入当初はWindowsのみの対応のようですが、これがMacとWindows含めて10台までなら試してみてもいいかなぁと思います。
そしたら、家と会社全てのマシンにATOK入れられるのでいいなぁ。
まぁ、ATOK自体がいいものかどうかはまだ判断つきませんけどね。。。
posted by はやむー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Macなお話-妄想編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

Adobe AIR 1.1リリース

http://get.adobe.com/air/?loc=jp

Adobe AIRのVer1.1が正式リリースされました。
待望の日本語対応ですよ!

インストーラーの文言も日本語化されております。
posted by はやむー at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。