2012年09月06日

移転しました

新ブログはコチラです。
http://blog.one-pair.net/
posted by はやむー at 18:14| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

ペパボでスマートフォン開発者募集中(5/24から)

iPhoneアプリエンジニア
Androidアプリエンジニア

担当者より一言を見ると、

iPhone
「朝起きてから寝るまでずっとiPhoneを触っているような、
僕のお母さんやスティーブ・ジョブズのような方からの応募を心よりお待ちしております。」

Android
「Android アプリをつくるのが鶏の唐揚げよりも好きなみなさん、
ペパボで世界(や板橋区)を変えるようなアプリを作っていきましょう!」

とあり、応募してみたいなぁとしみじみ思うのです。
しかし、
「▼スマホアプリエンジニアとして働いているはこんな人」
を見ると、なるほど趣味で「pakuchi」並に知名度のあるアプリを開発している実績がないと応募は躊躇してしまいます。
というか、これくらいのレベルの人以外応募してくるな!という事なんでしょう。
実に分かり易い基準です。

自分もこれくらいにのレベルに達したら応募してみようかと思います。。。
posted by はやむー at 15:39| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「揺れるミクシィ、SNSの「老舗」はなぜ間違えたのか 」を読んで

日経経済新聞:揺れるミクシィ、SNSの「老舗」はなぜ間違えたのか

1ユーザーから見ても今のmixiは道を間違えてしまったように見える。
過度のFacebookのコピーやユーザーが気に入っている機能(足あとや招待制の廃止)の排除等。
昔のmixiには閉じた空間の中での日記やコミュニティを利用した(リアルな繋がりの)マイミクとの心地良いコミュニケーションがあったと思う。
薄いユーザーを増やすのではなく、濃いユーザーをmixiに留まらせるための施策の方が大事だったんじゃないかな?
自分も一時期は友達とのやり取りはmixi一辺倒という時期があったので。
今だからこそ、昔のmixiの良さだけをコピーしたサービスを立ち上げたら、それなりに需要があるんじゃないかなぁ。
FacebookでもなくモバゲーやGREEのようなソーシャルゲームでもなくmixi独自の価値というものが確実に存在すると思う。
国内専用サービスになってしまだろうけど、誰かClosed mixiを立ち上げないかな。
posted by はやむー at 14:56| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

Windows版Safariはメモリ食い?

Windows版Safari(3.1及び3.1.1)を1ヶ月程使用してみての感想です。
表示がキレイだし、速度も速いなぁとは思います。
が、5時間程使用しているとメモリの使用率が常に80%前後を維持しているような気がします。
Safariを落としてもメモリは維持したままです。
正確に何時間でこの常態になるのかは確認していません。
なんか最近Windowsが重いなと思って、試しにSafariを使うのをやめて以前のIE6+unDonutに戻してみたら上記の現象が解消されました。

使用している環境は以下の通りです。
OS:Windows Server 2003 SP2
CPU:Pentium4 3.00GHz
メモリ:1GB

この現象はMac版のSafariでは発生した記憶がないので、Windows版だけなのかなぁと思っています。
正式サポートがXPとVistaだけですので、2003で使用している事自体問題でしょうけど。
まぁ、本当にSafariが原因かは分からないし、相性の問題かもしれませんけどね。
個人的にはSafariを応援したい気持ちですが。。。


【追記(080717)】
Windows版Safariを使わなくなって2ヶ月経過です。
どうも、Safariは関係ないような気もしています。
が、判断つかない状況です。
posted by はやむー at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

メイリオを入れてみた

VCをインストールしなくてもXPでメイリオが使えるようになりました。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=f7d758d2-46ff-4c55-92f2-69ae834ac928&DisplayLang=ja

早速入れてどんなもんか確認。
IE6で日本語フォントにメイリオを指定したところ、ぎざぎざがひどくて見れたものじゃないです。。。
調べてみると、
[画面のプロパティ]→[デザイン]→[効果]
・"次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする"にチェックを入れ、"ClearType"を選択すると滑らかに表示されるようです。
(デフォルトではチェックされていません。)

たしかにぱっと見キレイになったようですが、平素からヒラギノに慣れているとそれほど感動はないです。
メイリオが出た当時にも軽く見て思ったけど、やっぱり期待ハズレですかね。
posted by はやむー at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

Solaris9で常時HDDを使うための設定

な〜んでこんな事やってるのか、ホントに不思議ですが。。。
Solaris9でHDDを常に認識させるための方法です。

# vi /etc/vfstab

で、/etc/vfstabを編集します。
以下の1行を追加します。

【ファイルシステム】 【マウント先】
/dev/dsk/c1t2d0s7 /dev/rdsk/c1t2d0s7 /export/home0 ufs 2 yes -

確認する時は以下のコマンドで。

# df -h


本当にSolarisよく分からないなぁ^^;
posted by はやむー at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

Solaris9へのGraphicsMagick+ghostscriptのインストール2

さて、「Solaris9へのGraphicsMagick+ghostscriptのインストール」続編です。
昨日の手順ではJPEGとTIFFには対応できません。。。orz
GraphicsMagickのインストール時は、以下のようにする必要があるようです。


% gunzip GraphicsMagick-1.1.5.tar.gz
% tar xf GraphicsMagick-1.1.5.tar
% cd GraphicsMagick-1.1.5
% ./configure --enable-shared --enable-lzw --prefix=/usr/sfw LDFLAGS='-L/usr/sfw/lib' CPPFLAGS='-I/usr/sfw/include' --with-gslib --without-perl
% make
% su - root
Password:
# make install


「--prefix=/usr/xxxxxx」で、インストール先のディレクトリを指定できます。
「--enable-shared」をしないと、*.soができないようです。
*.aはできるので、makeの時間も早いし*.aだけ必要な時ははずすといいのかもしれません?


CPPFLAGSとLDFLAGSはconfigureで定義するようですね。。。
これで、JPEGとTIFFのlibを認識するので、以下のようになるはずです。


/***********************************************************************/

GraphicsMagick is configured as follows. Please verify that this
configuration matches your expectations.

Host system type : sparc-sun-solaris2.9

Option Configure option Configured value
-----------------------------------------------------------------
Shared libraries --enable-shared=yes yes
Static libraries --enable-static=yes yes
GNU ld --with-gnu-ld=no no
LZW support --enable-lzw=yes yes
Quantum depth --with-quantum-depth=8 8

Delegate Configuration:
BZLIB --with-bzlib=yes yes
DPS --with-dps=yes no
FlashPIX --with-fpx=yes no
FreeType 2.0 --with-ttf=yes no
Ghostscript None gs (7.05)
Ghostscript fonts --with-gs-font-dir=default /usr/local/share/ghostscript/fonts/
Ghostscript lib --with-gslib=yes no
JBIG --with-jbig=yes no
JPEG v1 --with-jpeg=yes yes
JPEG-2000 --with-jp2=yes no
LCMS --with-lcms=yes no
Magick++ --with-magick-plus-plus=yes yes
PERL --with-perl=yes /usr/bin/perl
PNG --with-png=yes yes
TIFF --with-tiff=yes yes
TRIO --with-trio=yes no
Windows fonts --with-windows-font-dir= none
WMF --with-wmf=yes no
X11 --with-x= yes
XML --with-xml=yes yes
ZLIB --with-zlib=yes yes

X11 Configuration:
X_CFLAGS =
X_PRE_LIBS = -lSM -lICE
X_LIBS =
X_EXTRA_LIBS = -lsocket -lnsl

Options used to compile and link:
CC = gcc
CFLAGS = -g -O2 -Wall -D_REENTRANT -pthreads
CPPFLAGS = -I/usr/sfw/include -I/usr/include/libxml2
CXX = g++
CXXFLAGS = -D_REENTRANT -pthreads
DEFS = -DHAVE_CONFIG_H
LDFLAGS = -L/usr/sfw/lib -L/usr/lib
LIBS = -ltiff -ljpeg -lpng -lXext -lSM -lICE -lX11 -lsocket -lnsl -lbz2 -lxml2 -lz -lm -lpthread

/***********************************************************************/



>JPEG v1 --with-jpeg=yes yes
>TIFF --with-tiff=yes yes
JPEGとTIFFがyesになっています。

参考→http://imagemagick.sourceforge.net/docs/GuideToBuildingIMForMacOSX.pdf


これでinstallすれば、JPEGとTIFFはOK。
しかし、ghostscriptとの連携がうまくいっていないようで、EPSを食わせると以下のようにエラーが出ます。

Error: /invalidfont in findfont
Operand stack:
Times-Roman Font Times-Roman 360170 Times-Roman --nostringval-- Courier NimbusMonL-Regu (NimbusMonL-R
egu) NimbusMonL-Regu (NimbusMonL-Regu) NimbusMonL-Regu
Execution stack:
%interp_exit .runexec2 --nostringval-- --nostringval-- --nostringval-- 2 %stopped_push --nostringval--
--nostringval-- --nostringval-- false 1 %stopped_push 1 3 %oparray_pop 1 3 %oparray_pop 1 3
%oparray_pop .runexec2 --nostringval-- --nostringval-- --nostringval-- 2 %stopped_push --nostringval-- -
-nostringval-- 1 4 %oparray_pop 2 4 %oparray_pop --nostringval-- --nostringval-- --nostringval-- --n
ostringval-- --nostringval-- false 1 %stopped_push 5 5 %oparray_pop --nostringval-- --nostringval--
--nostringval-- 5 -1 1 --nostringval-- %for_neg_int_continue --nostringval-- --nostringval--
Dictionary stack:
--dict:1055/1123(ro)(G)-- --dict:0/20(G)-- --dict:83/200(L)-- --dict:83/200(L)-- --dict:17/17(ro)(G)-- --di
ct:1055/1123(ro)(G)--
Current allocation mode is local
Last OS error: 2
Current file position is 5725
GNU Ghostscript 7.05: Unrecoverable error, exit code 1
Error: /invalidfont in findfont
Operand stack:
Times-Roman Font Times-Roman 360170 Times-Roman --nostringval-- Courier NimbusMonL-Regu (NimbusMonL-R
egu) NimbusMonL-Regu (NimbusMonL-Regu) NimbusMonL-Regu
Execution stack:
%interp_exit .runexec2 --nostringval-- --nostringval-- --nostringval-- 2 %stopped_push --nostringval--
--nostringval-- --nostringval-- false 1 %stopped_push 1 3 %oparray_pop 1 3 %oparray_pop 1 3
%oparray_pop .runexec2 --nostringval-- --nostringval-- --nostringval-- 2 %stopped_push --nostringval-- -
-nostringval-- 1 4 %oparray_pop 2 4 %oparray_pop --nostringval-- --nostringval-- --nostringval-- --n
ostringval-- --nostringval-- false 1 %stopped_push 5 5 %oparray_pop --nostringval-- --nostringval--
--nostringval-- 5 -1 1 --nostringval-- %for_neg_int_continue --nostringval-- --nostringval--
Dictionary stack:
--dict:1055/1123(ro)(G)-- --dict:0/20(G)-- --dict:83/200(L)-- --dict:83/200(L)-- --dict:17/17(ro)(G)-- --di
ct:1055/1123(ro)(G)--
Current allocation mode is local
Last OS error: 2
Current file position is 5725
GNU Ghostscript 7.05: Unrecoverable error, exit code 1



おそらく、「--with-gslib=yes yes」にしないといけないんだろうなぁ。。。
なんか、fontもあやしいような気がするが・・・
posted by はやむー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

Solaris9へのGraphicsMagick+ghostscriptのインストール

俺がやるべき事ではないと思うんだけど。。。
Solaris9にGraphicsMagickとghostscriptのインストールを行ったので、やり方をメモします。

GraphicsMagickというのは、ImageMagickからの派生バージョンらしく、API等は一緒のようです。
情報が少ないので、いまいち分からないので、今後アップデートしたいと思います。

まず、以下のファイルをネットから探して来ます。

GraphicsMagick-1.1.5.tar.gz
ghostscript-7.05.tar.gz
jpegsrc.v6b.tar.gz
tiff-v3.4-tar.gz
zlib-1.1.3.tar.gz


以下のように、「jpegsrc.v6b.tar.gz」、「tiff-v3.4-tar.gz」、「zlib-1.1.3.tar.gz」をインストールします。

% gunzip jpegsrc.v6b.tar.gz
% tar xf jpegsrc.v6b.tar
% cd jpeg-6b
% ./configure
% make
% su - root
Password:
# make install

「tiff-v3.4-tar.gz」と「zlib-1.1.3.tar.gz」も同様に行います。

次に、ghostscriptのインストールを行います。

% mv jpegsrc ghostscript-7.05/jpeg
のように、フォルダ名を「jpeg」に変更して、先の「jpegsrc.v6b.tar.gz」をghostscript以下のフォルダに格納します。
「zlib-1.1.3.tar.gz」もやるようですが、俺はやってません。

% gunzip ghostscript-7.05.tar.gz
% tar xf ghostscript-7.05.tar
% cd ghostscript-7.05
% ./configure
% make
% su - root
Password:
# make install

ここまでできたら、次はGraphicsMagickのインストールを行います。

% gunzip GraphicsMagick-1.1.5.tar.gz
% tar xf GraphicsMagick-1.1.5.tar
% cd GraphicsMagick-1.1.5
% CPPFLAGS=-I/usr/local/include
% LDFLAGS=-L/usr/local/lib
% ./configure --enable-shared --enable-lzw --without-perl --without-png
% make
% su - root
Password:
# make install

configureの結果。
Delegate Configuration:
BZLIB --with-bzlib=yes yes
DPS --with-dps=yes no
FlashPIX --with-fpx=yes no
FreeType 2.0 --with-ttf=yes no
Ghostscript None gs (7.05)
Ghostscript fonts --with-gs-font-dir=default /usr/local/share/ghostscript/fonts/
Ghostscript lib --with-gslib=yes no
JBIG --with-jbig=yes no
JPEG v1 --with-jpeg=yes no
JPEG-2000 --with-jp2=yes no
LCMS --with-lcms=yes no
Magick++ --with-magick-plus-plus=yes yes
PERL --with-perl=no no
PNG --with-png=no no
TIFF --with-tiff=yes no (failed tests)
TRIO --with-trio=yes no
Windows fonts --with-windows-font-dir= none
WMF --with-wmf=yes no
X11 --with-x= yes
XML --with-xml=yes yes
ZLIB --with-zlib=yes yes

というのが表示されます。

>JPEG v1 --with-jpeg=yes no

が「no」になっているとJPEGが使えないようです。
ここの回避方法はちょっと置いてます。
JPEGも対応させる必要はあるんですが、今は他の事優先なので。
分かったらアップデートします。
以下参考サイトにもその事は載ってたんですけどね。。。


make時に以下のようなエラーが出ました。

Making all in tests
( rm -f PerlMagick/PerlMagick ; cd PerlMagick && make CC='gcc' PerlMagick )
gcc -c -I../ -I.. -I/usr/include/libxml2 -D_LARGEFILE_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -g -O2 -Wall -D_REENTRANT -pthreads
-xO3 -xdepend -DVERSION=\"1.1.5\" -DXS_VERSION=\"1.1.5\" -KPIC -I/usr/perl5/5.6.1/lib/sun4-solaris-64int/CORE -D_FIL
E_OFFSET_BITS=64 -DHAVE_CONFIG_H Magick.c
gcc: unrecognized option `-KPIC'
gcc: language depend not recognized
gcc: Magick.c: linker input file unused because linking not done
rm -rf blib/arch/auto/Graphics/Magick/Magick.a
/usr/ccs/bin/ar cr blib/arch/auto/Graphics/Magick/Magick.a Magick.o && : blib/arch/auto/Graphics/Magick/Magick.a
ar: cannot open Magick.o
No such file or directory
ar: Magick.o not found
*** Error code 1
make: Fatal error: Command failed for target `blib/arch/auto/Graphics/Magick/Magick.a'
Current working directory /temp/GraphicsMagick-1.1.5/PerlMagick
*** Error code 1
make: Fatal error: Command failed for target `PerlMagick/PerlMagick'
Current working directory /temp/GraphicsMagick-1.1.5
*** Error code 1
make: Fatal error: Command failed for target `all-recursive'

これはPerlMagickのせいらしいので、configureに「--without-perl 」を追加しPerlMagickは外しました。
今は必要ないのでね。
こないだのImageMagickもこれで回避できるのかな?

という感じで、だいたい3〜4時間くらいかかりました。
まだ動作確認はちゃんとはしてませんけどね^^;


参考サイト
http://blog.teachat.org/archives/4081552.html
http://www.ms.kuki.tus.ac.jp/KMSLab/txf/furihata/network/imagemagick.html
http://157.82.240.165/〜yousuke/keisannki/gs_8.53.html
posted by はやむー at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

Solaris10(VMwareですが)へのImageMagickのインストール

Win上のVMwareなので、Solaris10-x86へのImageMagickのインストールの流れです。
デフォルトで格納されている"QuickStart.txt"を参考にインストールします。

ftp://ftp.imagemagick.org/pub/ImageMagick/
ftp://ftp.imagemagick.org/pub/ImageMagick/binaries/

↑から
ImageMagick-5.5.7-36.tar.gz
をDLしました。
Solarisでx86用のが見当たらなかったので適当に選びました^^;
元々格納されているテキストにもSolarisに関する記載はないようなんですが^^;;;

DLしたら、
/usr/sfw/share/ImageMagick
に格納します。

以下">"行はコマンドです。
>gunzip -c ImageMagick-5.5.7-36.tar.gz | tar xvf -
>cd ImageMagick-5.4.7
>./configure -prefix=/usr/local

PATHが通っていないので、以下のディレクトリを通します。
/usr/ccs/bin/
/usr/sfw/bin/
/usr/sfw/lib/

>make

ここでrootに切り替えます。(切り替えるとまたPATHの設定しないとねぇ)
>su
>make install

はい、PerlMagickに関するエラーがでます。
調べてみると。。。

http://solaris.it-cafe.jp/tools/tools08.html
とあるように、Solaris10でのImageMagickのインストールは困難なようです^^;

あの〜、すっごいめんどくさいんですけど。。。orz
posted by はやむー at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

Xsunのデフォルトの色設定に関して

Solaris10インストール時にXsunを選択した場合。
起動すると妙に画面の色数が少ない事に気づきます。
デフォルトでは8bit設定の模様。
で、それを変更する方法に関してです。
Winなら画面のプロパティで簡単に変えられるところですけどね。

/etc/openwin/server/etc/OWconfig
というファイルを開きます。

defdepth="8"
という行が表示色のbit数になります。
まぁ、ここの8を16か24にでも変更しておけばそれほど違和感はない画面になるでしょう。

※Solaris10に関しては全てVMware上での確認事項です。
posted by はやむー at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VMware上のSolaris10ネットワーク設定

先日VMwareにインストールしたSolaris10ですが、うまくネットワークに接続できず試行錯誤;
時間なかったからFDでデータのやり取りをしたりと・・・
しかも、"volcheck"というコマンド入れないとFDを認識してくれないんです;

そんなこんなでちょっと調べてみました。
VMware上でネットワークに接続するには何個か方法があるようなのですが。。。

VMwareをインストールすると、仮想Ethernetアダプタがインストールされるそうです。
→Ethernet adapter VMware Network Adapter VMnet8

VMnet1とVMnet8の二つがデフォルトでインストールされます。
これなんだろうなぁと思ってたんですよね。。。

コマンドプロンプトでipconfigすると、これらのIPアドレスが見れます。
それと以下に格納されている、
VMware Player/vmnetcfg.exe
で、ゲートウェイIPアドレスも確認できます。

VMwareのEthernet設定はNATにしておきます。
インストールもしくは、"sys-unconfig"コマンドで、システム情報を初期化し設定できます。
ホストOSを介してネットワーク接続するには、NATでVMnet8を使用すれば(IPアドレス等)設定できるようです。

以下、参考にしたサイトです。
http://www37.tok2.com/home/nobusan/multi_boot/vmware/vmware.html
非常に分かりやすく助かりました。
posted by はやむー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

VMwareでSolaris10をインストール

WindowsでちょっとSolaris環境を試したかったのでVMwareで環境を構築しました。
手順を書き留めておきます。

参考にしたサイトは以下です。
http://yamashita.dyndns.org/blog/343
http://itexp.seesaa.net/article/9502810.html


手順としては、上記サイトと被りますが、以下の通りです。

1.VMware Playerのダウンロード
↓からダウンロードしてインストールします。
http://www.vmware.com/download/player/

2.QEMUのダウンロード
http://www.h7.dion.ne.jp/~qemu-win/index-ja.html

3.Solaris10のダウンロード
本当はSolaris9を入れたかったのですが、今は10しかダウンロードできないようです。。。
ユーザー登録が必要です。
http://www.sun.com/software/solaris/get.jsp

「Solaris 10 OS, x86, for downloading onto WINDOWS ONLY Platform - Solaris 10 11/06 Operating System」を選択します。
"sol-10-u3-ga-x86-dvd.exe"を実行します。
90分くらいでISOイメージが作成されます。

4.ディスクイメージの作成
上記全て準備できたところで、まずはQEMUにてVMware用のディスクイメージを作成します。
QEMUはコマンドプロンプトにて実行します。
以下のようなコマンドで作成が可能です。

> qemu-img.exe create -f vmdk C:\VMware\Solaris10.vmdk 6G

5.VMware設定ファイルの準備
Solaris10.vmxというファイルを作成します。

以下の内容で記述します。

/**************************************/
config.version = "8"
virtualHW.version = "3"
memsize = "256"
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "Solaris10.vmdk"

ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "C:\Solaris\Solaris10_x86forWin\sol-10-u3-ga-x86-dvd.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
floppy0.fileName = "A:"
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "nat"
usb.present = "TRUE"
sound.present = "TRUE"
sound.virtualDev = "es1371"
displayName = "Solaris10"
guestOS = "solaris10"
nvram = "Solaris10.nvram"
scsi0:0.redo = ""
ethernet0.addressType = "generated"
uuid.location = "56 4d f3 af cb 31 70 17-39 3b 29 07 58 40 2a 6d"
uuid.bios = "56 4d f3 af cb 31 70 17-39 3b 29 07 58 40 2a 6d"
ide1:0.autodetect = "TRUE"
ethernet0.generatedAddress = "00:0c:29:40:2a:6d"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"
checkpoint.vmState = "Solaris10.vmss"
tools.remindInstall = "TRUE"
ide0:0.redo = ""
/**************************************/
※ide1:0.fileNameは自分の環境に合わせて変更して下さい。

6.Solaris10のインストール
VMware Playerを起動します。
先程作成した、Solaris10.vmxを選択します。
最初のダイアログでCreateを選択します。

あとはSolaris10の通常のインストール作業と変わらないと思います。
posted by はやむー at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

iPhone

今日の主役は間違いなくiPhoneだなぁ。
朝一でMac立ち上げて記事チェックしてましたw

発表前から、別のとこから同じ名前の商品が出てるから、名前変わるのではと言われてたけど、結局iPhoneになりましたね。
逆にiTVが変わってるしw
いやしかし、iPhoneいいわ(*'-')
もはやWinMobileが霞んで見えます。
昼休みに上司が発表会の動画見てたので、一緒に見てしまったんだが。
動いてるとこ見るとさらに魅力が増すね。
二人で、これは出たら絶対買いだと騒いでました。
しかし、日本の発売はどうなるんかね。
ITmediaでは会場で孫さんの姿を激写してで、さすがと思ったけどw
そんな事までネタにするとこがナイス。
出るとしたら、やっぱSoftBankからが可能性高いんだろうなぁ。
もし年内にあれを国内投入できたら、SoftBankの評価は一気に急上昇なんだけどな。


そして、Computerを捨てたAppleに今後も期待です☆
posted by はやむー at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

PASMOロボット

PASMOの発表がありました。
いろいろ書きたいんですが、とりあえず一言。
PASMOのロボット何これ?w
これはナンセンスとしかいいようがない。。。
SuicaのペンギンやauのLISMOのりすには到底足元にも及ばないデザイン。
幼稚園児のお絵かきレベルですね!
PASMO唯一の汚点はキャラクタだな。。。
posted by はやむー at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

電子おみくじ?

<http://pr.fujitsu.com/jp/news/2006/11/16.html>

うーん、なんというか。
神聖(?)なおみくじもIT化されると、途端に信頼性が落ちるというか。
信憑性がなくなるというか。。。
よし、おみくじ引くぜ!的な気分になりませんな。。。
posted by はやむー at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

IE7にタブの一覧表示

今日IE7を使ってて気付いたんだけど、現在保有中のタブの一覧表示が出来るのですね。
これ、なんとなしにMacOSのExposéと似たような機能で、けっこう便利だと思います。
IE7のいい点の一つですね。

うちの会社のサイトですが、IE6では正常なのにIE7では微妙な表示する個所があります。
ある意味7では柔軟に対応してくれてるんだけど、柔軟さが中途半端という悲劇ですね。。。
もう少ししたら、IE7の情報もいろいろ出てくるんでしょうけどね。
posted by はやむー at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

IE7

本日、IE7の日本語版が公開されていました。
さそっくDLしてきて、インストール。
会社のPCにw

いやね、XPSP2が会社にしかないんすよ。
うちのはSP1だからねぇ。

インストールはやけに時間がかかっていた。
これ、もしやIE6に戻すのも危険かな。。。

普段は家でも会社でもタブブラウザのunDonutを使っているのだけど。
7になってもちゃんと起動してたので、とりあえず安心かな。
感覚的に若干ページ表示するのが速くなったような気がする。

IE7自体はタブブラウザになったのはいい事だけど、マウスジェスチャーが使えないようなので、結局unDonut使うしかないかなぁと思ってる。
posted by はやむー at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

うちの環境

うちの現在の環境に関して書いておきます。

<自宅>
PowerMacG4(PowerPC G4:1GHz)
Photoshop7.0
Illustrator10

VAIOV505(PM:1.5GHz)
・FlashMX

ちなみに
<会社>
自作PC(P4:3GHz)
・PhotoshopCS
・IllustratorCS
・FlashMX2004
posted by はやむー at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

スタート地点

日頃から、MacとかDTPとかFlashとか興味はあるもののあくまで趣味。
というジャンルに関して、お勉強の意味を込めて本ブログを開設したいと思います。
管理人も本当に素人レベルなので、誰でも知っていそうなネタもあるとは思いますが、
こまめにメモメモしていきたいと思います。
posted by はやむー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。