2007年09月03日

AirMacによるディスク共有

3月くらいに購入した「AirMac Extremeベースステーション」ですが、今までハードディスク共有の機能は使っていませんでした。
外付けHDDの購入を渋っていたのが主な理由ですが、今回部屋の整理の一環としてあると便利だったので、ようやくHDDを購入しました。
BUFFALOの「HD-CS500U2」という外付けHDDを購入しました。

帰って早速MacOSX10.4.10のディスクユーティリティでHFS+にてフォーマットしました。
パーティションは2つに分割しました。
で、AirMacにつないだ所、一発で認識してくれたんですよ。
1つ目のパーティションだけ。。。
どうやら、2つ目のパーティションがうまくマウントされていなかったようで、一旦Macに繋ぎ直してやり直したわけです。
そしたら、今度はAirMacにつないでも認識してくれない。。。
AirMacの設定をアップデートとかも何度かやってみたんですが、全然ダメ。
しまいには、AirMac自体を認識しなくなるし;

なんだかよく分からんけど、何かを失敗している模様です。
もうちょっといろいろ調べてみたいと思います。。。
posted by はやむー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。