2007年06月28日

Photoshop Plugin開発日記(Windows向け)2

前回は導入としていろいろ分からない事だらけでした。
その後確認できた事をまとめます。

まず、デバッグですが、CS以降でも可能でした。
ただし、7.0までとは少々やり方を変える必要があります。

7.0までは、デバッグ実行時に指定したexeが問題なく勝手に起動します。
CS以降で同じ事をやろうとしてもうまくはいきません。

CS以降でデバッグする時には、まず以下のように設定します。

[デバッグ]→[アタッチ]を”はい”に設定する。

その後、Photoshopを起動した状態でデバッグを開始します。
その手順を踏めば問題なくデバッグができます。


あと、CS以降はサイズ等を32bitで扱う事が可能(7.0までは最大30000pixel)になり、以下の構造体が追加されています。
・bigDocumentData

この構造体の"PluginUsing32bitCoordinates"で32bit制御するかどうかを変更できるようです。
これ意外とはまったんですよね。
posted by はやむー at 12:55| Comment(0) | TrackBack(1) | Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46209060

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-06-30 15:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。