2007年04月27日

ParallelsでWin2000をインストール

Parallelsを入手したので、早速Mac miniにWin2000を入れてみました。
最初Win2000が見当たらなくてちょっと焦りましたけどね^^;
Winでは唯一気に入っているOSなので、無くなるとショック。。。
いろいろ探してようやく発見。

早速インストール作業。
一度でもこの手のソフトを使った事がある人なら簡単にインストールできます。
こりゃラクチンです。
で、無事にインストール完了。

インストールは出来たけど、VGAでしか表示できない。
調べてみたらParallels Toolsというのをインストールする必要があるらしい。
これはメニューから選択できます。

てか、最新のビルド3188では既存のPCの環境を仮想化できるらしい。
すげーなぁ。これあればXP新しく買う必要ないじゃん!すげぇ。。。

そして噂通り速い!
以前VirtualPC使ってたけど、やっぱ比べ物にならないねぇ。
これ良さげですよ。
posted by はやむー at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40221912

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。