2007年02月14日

Solaris9へのGraphicsMagick+ghostscriptのインストール

俺がやるべき事ではないと思うんだけど。。。
Solaris9にGraphicsMagickとghostscriptのインストールを行ったので、やり方をメモします。

GraphicsMagickというのは、ImageMagickからの派生バージョンらしく、API等は一緒のようです。
情報が少ないので、いまいち分からないので、今後アップデートしたいと思います。

まず、以下のファイルをネットから探して来ます。

GraphicsMagick-1.1.5.tar.gz
ghostscript-7.05.tar.gz
jpegsrc.v6b.tar.gz
tiff-v3.4-tar.gz
zlib-1.1.3.tar.gz


以下のように、「jpegsrc.v6b.tar.gz」、「tiff-v3.4-tar.gz」、「zlib-1.1.3.tar.gz」をインストールします。

% gunzip jpegsrc.v6b.tar.gz
% tar xf jpegsrc.v6b.tar
% cd jpeg-6b
% ./configure
% make
% su - root
Password:
# make install

「tiff-v3.4-tar.gz」と「zlib-1.1.3.tar.gz」も同様に行います。

次に、ghostscriptのインストールを行います。

% mv jpegsrc ghostscript-7.05/jpeg
のように、フォルダ名を「jpeg」に変更して、先の「jpegsrc.v6b.tar.gz」をghostscript以下のフォルダに格納します。
「zlib-1.1.3.tar.gz」もやるようですが、俺はやってません。

% gunzip ghostscript-7.05.tar.gz
% tar xf ghostscript-7.05.tar
% cd ghostscript-7.05
% ./configure
% make
% su - root
Password:
# make install

ここまでできたら、次はGraphicsMagickのインストールを行います。

% gunzip GraphicsMagick-1.1.5.tar.gz
% tar xf GraphicsMagick-1.1.5.tar
% cd GraphicsMagick-1.1.5
% CPPFLAGS=-I/usr/local/include
% LDFLAGS=-L/usr/local/lib
% ./configure --enable-shared --enable-lzw --without-perl --without-png
% make
% su - root
Password:
# make install

configureの結果。
Delegate Configuration:
BZLIB --with-bzlib=yes yes
DPS --with-dps=yes no
FlashPIX --with-fpx=yes no
FreeType 2.0 --with-ttf=yes no
Ghostscript None gs (7.05)
Ghostscript fonts --with-gs-font-dir=default /usr/local/share/ghostscript/fonts/
Ghostscript lib --with-gslib=yes no
JBIG --with-jbig=yes no
JPEG v1 --with-jpeg=yes no
JPEG-2000 --with-jp2=yes no
LCMS --with-lcms=yes no
Magick++ --with-magick-plus-plus=yes yes
PERL --with-perl=no no
PNG --with-png=no no
TIFF --with-tiff=yes no (failed tests)
TRIO --with-trio=yes no
Windows fonts --with-windows-font-dir= none
WMF --with-wmf=yes no
X11 --with-x= yes
XML --with-xml=yes yes
ZLIB --with-zlib=yes yes

というのが表示されます。

>JPEG v1 --with-jpeg=yes no

が「no」になっているとJPEGが使えないようです。
ここの回避方法はちょっと置いてます。
JPEGも対応させる必要はあるんですが、今は他の事優先なので。
分かったらアップデートします。
以下参考サイトにもその事は載ってたんですけどね。。。


make時に以下のようなエラーが出ました。

Making all in tests
( rm -f PerlMagick/PerlMagick ; cd PerlMagick && make CC='gcc' PerlMagick )
gcc -c -I../ -I.. -I/usr/include/libxml2 -D_LARGEFILE_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -g -O2 -Wall -D_REENTRANT -pthreads
-xO3 -xdepend -DVERSION=\"1.1.5\" -DXS_VERSION=\"1.1.5\" -KPIC -I/usr/perl5/5.6.1/lib/sun4-solaris-64int/CORE -D_FIL
E_OFFSET_BITS=64 -DHAVE_CONFIG_H Magick.c
gcc: unrecognized option `-KPIC'
gcc: language depend not recognized
gcc: Magick.c: linker input file unused because linking not done
rm -rf blib/arch/auto/Graphics/Magick/Magick.a
/usr/ccs/bin/ar cr blib/arch/auto/Graphics/Magick/Magick.a Magick.o && : blib/arch/auto/Graphics/Magick/Magick.a
ar: cannot open Magick.o
No such file or directory
ar: Magick.o not found
*** Error code 1
make: Fatal error: Command failed for target `blib/arch/auto/Graphics/Magick/Magick.a'
Current working directory /temp/GraphicsMagick-1.1.5/PerlMagick
*** Error code 1
make: Fatal error: Command failed for target `PerlMagick/PerlMagick'
Current working directory /temp/GraphicsMagick-1.1.5
*** Error code 1
make: Fatal error: Command failed for target `all-recursive'

これはPerlMagickのせいらしいので、configureに「--without-perl 」を追加しPerlMagickは外しました。
今は必要ないのでね。
こないだのImageMagickもこれで回避できるのかな?

という感じで、だいたい3〜4時間くらいかかりました。
まだ動作確認はちゃんとはしてませんけどね^^;


参考サイト
http://blog.teachat.org/archives/4081552.html
http://www.ms.kuki.tus.ac.jp/KMSLab/txf/furihata/network/imagemagick.html
http://157.82.240.165/〜yousuke/keisannki/gs_8.53.html
posted by はやむー at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33676424

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。