2012年09月03日

Mountain Lionをクリーンインストールする

[環境]
MacBook Pro(2009)
OS:MacOS X 10.8.1

こちらのサイトでMountain Lionをクリーンインストールする方法が載っていたのでやってみました。
http://wayohoo.com/mac/tips/how-to-clean-install-os-x-mountain-lion.html

元々Snow Leopardからアップデートしたので、クリーンインストールした方がHDDの空き容量が増えるかと思いました。
クリーンインストール前のHDDの空き容量は19.61GBでした。

上記サイトの説明通りにやってみると、非常に簡単にできました。
Recovery領域のおかげで、DVDディスクなしにリカバリーが出来るのはいいですね。
ダウンロードも行うので、無線LANの設定が必要ですが、元から設定していたものがそのまま使えたので、特に再設定する必要はありませんでした。

クリーンインストール終了までだいたい1時間程で完了しました。
その後、移行アシスタントでTimeMachineからの復元です。
これ、最初の起動中の設定でもできたんですが、ディスク名がTimeMachine用の名前ではなく、インストールしている起動ディスク名だったので最初分かりませんでした。。。
なので、全ての初期設定が終わってから改めて移行アシスタントを起動しました。

移行アシスタントでの移行に2時間程度かかり、その後新規に作成したアカウントを削除しました。
これで元通りに戻ったはず。
が、最初の数回は何やら再起動の度にランダムでアプリケーションが起動するようになってしまいました。
最終的には特に問題なく起動するようになりました。

空き容量も32.53GBになり、大幅に増えたのでクリーンインストールの効果は十分有りですね。
posted by はやむー at 07:08| Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。