2012年08月04日

Mountain Lion導入

本日、MacBook Pro 13-inch(Mid 2009)にMountain Lionを導入しました。
Snow Leopardからのアップデートです。
インストール自体は問題なく完了しました。
普通に使う分には特に問題なさそうです。
ただ、何度やってもシステム終了がうまくできませんでした。
途中でグレーの画面のまま止ってしまいます。
いろいろ調べてこちらのサイトのように対応したところ、終了するようになりました。

http://apple-japan-vm.hosted.jivesoftware.com/thread/10113242?start=0&tstart=0

1.Command+Rキーを押しながら電源ONし、Disk Utilityを起動
2.ディスク検証を実施
3.ディスク修復を実施
※ディスク修復でエラーが出たのでもう一度実行したところ正常に完了。

これで、システム終了が正常に完了しました。

で、しばらく使ってみたところ、どうもSnow Leopardよりも重くなった感じがします。
App Storeのレビューでも重くなった派と軽くなった派がいて、おそらく軽くなった派はLionからのアップデートなのではないでしょうか?
まぁ、うちのMacBook Proはメモリも2GBしか積んでいなかったので仕方ないのかなぁとは思うのですけどね。
それでメモリ増設しようかと思い調べてみたら、最近は本当にメモリが安いですね。
Amazonで8GB(4GB+4GB)のメモリが4000円弱の価格で購入出来るので早速注文しました。
明後日には届くといいんですけどね。

ちなみに注文したメモリは↓です。

posted by はやむー at 00:56| Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。