2012年06月25日

PS Vitaでのセーブデータの保存先の問題

PSVita→PSVitaのセーブデータの移動 | 風の吹くまま 気の向くまま

PS Vitaのセーブデータはどこに保存されますか?

PS Vitaではセーブデータの保存先がメモリーカードとPS Vitaカードの2パターンがあります。
これはカード自体にも保存できるけど、PSPのような感じでゲームデータとは切り離した形でメモリーカードにも保存できるのだと理解していました。
でも、どうやら違うようですね。
Vitaの設定で「アプリケーションデータ管理」という項目があるのですが、こちらには以下の3項目があります。
・セーブデータ(PSP/その他)
・追加データ(PS Vita)
・追加データ(PSP)

どこにもVitaのセーブデータを扱う項目はないわけです。
つまりPSPのようにセーブデータだけを管理する事は出来ず、カードで購入したゲームはカードに保存。
ダウンロードで購入したゲームは、ダウンロードしたゲーム本体のデータ内に保存=取りだし不可という事のようです。
という事は、メモリーカードを新規で購入した場合、元のメモリーカードにあるゲームデータそのままをコピーしないとセーブデータは移行できないという事ですね。
なんという面倒な仕様でしょうか・・・。
カードで購入したゲームを後にベスト版が出たタイミングでダウンロード版も購入した場合、セーブデータはコピーできないという事ですよね。
DS的に考えればそれが普通ですが、PSPに慣れ親しんでしまった後にこの仕様はちょっと辛過ぎます・・・。
カードで購入するか、ダウンロードで購入するかはよくよく考えないと危険ですね。

※最近カード版で購入したペルソナ4をプレイしていて気になったのでちょっと調べてみました。

posted by はやむー at 14:24| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。