2006年10月26日

第6の0円-予想外割

24日からとうとうMNPが始まりました。
この件に関してはいろいろ書こう書こうと思っていたら当日を過ぎてしまいました^^;
しかし、前日のSoftBank(以下SB)の発表で一気にヒートアップしましたね。
もちろん、auやDoCoMoがすぐに追随はあり得ないと思いますが。
ネットワークがぱんぱんになっちゃうだろうしね。
その点SBはユーザー数が少ないからなぁw

そして本日新スーパーボーナスの全容が明らかになりました。
第6の0円は端末でしたか。
たしかに店頭で最新端末も0と表示されていたらインパクトはありますねぇ。
最近はDoCoMoを筆頭に端末の値段が上がる傾向にありますからね。
まぁ、本来はその値段なのだから仕方ないですけどね^^;
たしか孫さんは、日本のインセンティブ制度はおかしいとかなんとかいっていたと思いますが。
その回答がこれなんですかね?
たしかに、インセンティブの恩恵で日本のユーザーは1年も立てば機種変更を簡単にできるわけで。
今回のSBの端末0円は2年間使用する事が結果的に条件となっており、2年たたずに機種変等すると差額分を支払う必要がある。
そういう意味では、インセンティブ分は回収が可能なのか?
実際、最新の端末に関しては月額の端末割引分1880円を超えているのが大半なため、ユーザーが合計1万円程度は払う必要がある。
そこから、途中で機種変した人は差額を払うわけで、2年のところを1年で機種変すれば相当払う事になる。

とは言え、2年使えば0円というのは、一部のユーザーには歓迎すべき制度かもしれない。
その代わり、最新サービスを普及させるのが困難になるという諸刃の剣的な要素を含んでいるのも確かだ。
さてさて、かなり胡散臭い0円戦略ではあるが、どうなる事やら。

とりあえず、既存ユーザー切り捨てのごとき旧スーパーボーナスの契約をしてしまったユーザーに早く救済の手を差し伸べていただきたいと思う。
今までボーダフォンを支えて来たユーザー諸氏には敬意を払うべきだと思うのだが。。。
posted by はやむー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の携帯事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。