2006年09月22日

Webカメラ制御

ActionScriptを使って、PCに接続したWebカメラの映像を表示する方法です。

1.[ライブラリ] パネルのメニューから [新規ビデオ] を選択して新しいビデオインスタンスを作成する。

2.上記インスタンスに、my_videoという名前を設定する。

3フレームに以下のActionScriptを設定する。

var CameraView:Camera = Camera.get();
var my_video:Video;

my_video.attachVideo(CameraView);

これで、ビデオインタンスの部分に、接続しているWebカメラの映像が表示されます。
映すだけなら簡単ですね。
posted by はやむー at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash講座(初級) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24254940

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。