2006年09月08日

ボタン押下のキーレスポンスによるシーン変更

ボタン押下をトリガとしたシーン変更の方法です。

1.フレームに以下の記述を追加

stop();

※一度止めておかないと、次のシーンにそのまま進んでしまいました。。。

2.ボタンにしたいインスタンスを、タイプを「ボタン」にして「シンボルに変換」(選択し右クリック)を行います。

3.ボタンに以下の記述を追加

【ボタン押下時】
on(press){
gotoAndPlay("シーン名",0);
}

【ボタンリリース時】
on(release){
gotoAndPlay("シーン名",0);
}

シーン名には例えば「MENU_END」等、飛ばしたいシーン名を入れます。
第2引数には、シーン内の何番目のフレームかを指定します。

ちなみに、携帯用のFlashLite1.1ではシーン変更は無理ぽいす。
posted by はやむー at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash講座(初級) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。