2010年06月29日

SnowLeopard入れてみました

2008年の12月にHDDを購入して修理したMacBookですが、かなり負荷の高い使い方をしていたところ、HDDが逝ってしまったようです。
しょうがないので、またHDDを購入して来ました。
今度のは250GBで7200回転のやつです。

それで、いい機会だったのとちょうど必要があったので、MacBookにSnowLeopardをインストールしました。
Leopardに比べていろいろ互換性の問題等ありそうでしたので、その調査が目的です。
で、正常に動作しなかったソフトが以下の通りです。

・Parallels Desktop for Mac
最新の5とかその前の4は対応しているっぽいんですが、バージョンが古いままだったので起動しませんでした。
最新版を購入するか、この機会にVirtualBoxに乗り換えるか。
軽くVirtualBoxを試してみようと思います。

・egbridge Universal 2
全角入力の時スペースを押しても変換出来ませんでした。
調べてみたところ、この問題に対応したアップデートも存在はしたようなのですが、既にダウンロードは出来ない状態になっています。
これはどうしようもないので、かわせみを購入するかもしくはGoogleIMEにするか。
かわせみが10月くらいにバージョンアップしそうな予感がするので、とりあえずGoogleIMEをインストールしました。


今のところこんな感じです。
まぁ、古いソフトを使っているのが悪いんでしょうけど、Leopardからの移行はやはりいろいろと問題があるようですね。。。
とは言え、このままLeopardを使い続けるというのも無理な話ですからね。
posted by はやむー at 07:37| Macなお話-実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。